危険負担|貨物保険.com

貨物保険用語集

危険負担

売買契約の目的物が当事者の責任によらずに滅失・損傷した場合の損害の帰属先および売買代金にかかわる債務履行の要否などを指示する概念。例えばFOB売 買で、FOB時点以降に貨物の全損が生じた場合、買い手は実際に荷物を占有することがないまま、貨物の損害を負担すると同時に代金支払債務を約定に従って 履行しなければならない。このような場合買い手は貨物に関し危険負担しているという。物の売買で、第三者に輸送が委託されるなどして売り手から買い手に物 が直ちに引き渡されない場合には、この危険負担が売り手・買い手どちらにあるかあらかじめ取り決めておく必要があり、インコタームズなどの貿易条件では、 この危険負担とその移転時期が明確に取り決められている。

 

 

法人保険お問合わせ

 

 

法人保険の見直し/削減は法人保険.com