特別費用|貨物保険.com

貨物保険用語集

特別費用

定義的には「貨物の安全または保存のため被保険者によりまたは被保険者のために支出された費用のうち、救助料と共同海損費用を除いたもの」をいうが、一般には損害防止費用として取り扱われる。
厳密にいうと費用を支出した人を被保険者(およびその代理人など)に限定せずかつ保険金額の枠内でてん補される点で、損害防止費用とは異なるが、現在の実務では両者を区別せず損害防止費用を広く解釈して保険金支払いを行っている。
こうした実務を受けて国内貨物の保険では1989年の普通保険約款改正時特別費用の概念による損害てん補をやめ、損害防止費用に一本化した。
また、概念的に分かりにくい部分もあるため、外航貨物海上保険では、貨物に損害が生じなくても担保事故が生じた結果、中間港などに陸揚げされそこで運送が 打ち切られた場合に、もとの仕向地まで貨物を継搬するために要する費用(積卸、保管費用を含む)をICCの中で特別費用(Special Charge)と明示し、特別費用の中の一費用としててん補することを定めている。
因みに本来の特別費用は英語ではParticular Chargeという。

 

法人保険お問合わせ

 

 

法人保険の見直し/削減は法人保険.com